高齢化が進む大牟田および周辺の地域において、変形性関節症、脊椎症、骨粗鬆症、骨折などの整形外科関連疾患でお困りの患者様の数は増加する傾向にあり、当院でも外来、入院患者数での整形外科の占める割合は大きなものがあります。少しでも皆様のお役に立てます様、努力してまいります。

現在、日本リハビリテーション医学会臨床認定医でもある整形外科上田部長のもと、リハビリテーション分野での充実を図っており、手術・外傷後や脳卒中などの疾患の早期リハを可能とし、患者様の早期社会復帰を実現しております。  

脊椎外科股関節等の手術の中でも高度な技術を要する場合は、関連医局の佐賀大学医学部整形外科と連係しており、各分野の専門医師を招いての手術もしております。また、当院の最新の手術室の中でも、人工関節等に対応したクリーンルーム室は九州地区では類を見ない広さ(50㎡)を有しており、細菌感染を防ぎ、安全な手術を可能としております。

当院では関節リウマチの診療にも力を入れております。リウマチへの治療は今までそしてこれからの十年間で急速な進歩をとげようとしています。治らなかった病気から治せる病気へ変わろうとしており、最新の治療に精通した専門医にかかる事が重要になって来ています。当院では日本リウマチ学会専門医(多数の臨床経験を有し、学会の試験に合格して取得)で、さらに日本リウマチ財団登録医でもある整形外科上田部長が主にリウマチ患者様の診療にあたっています。
関節リウマチへの新しい治療法である「抗TNFα抗体療法」(レミケード点滴)、「TNFレセプター製剤療法」(エンブレル皮下注)等も当院では開始しております。さらにはアクテムラ点滴もしています。
また、検査部門も充実しており、MRI,helical-scanCT、シンチグラフィー、超音波検査、骨塩定量等が揃い、殆どの検査診断が院内で可能です。

以下に当院整形外科での主要な疾患への治療方針の概略を御紹介致します。 

 


  

    

当院整形外科の治療の目標は、疾患により損なわれた機能の改善を通じ、患者様のADL,QOLの向上を図ることです。後遺障害を残さない、あるいは最小に留める努力が必要です。目標の達成のため、evidenceに基づいた最善の治療を選択出来るよう、様々な情報の収集に心掛けて下さい。整形外科医同士、カンファレンスでの検討を経て実践して下さい。日本整形外科学会等の各種学会のガイドラインや、成績判定基準は出来るだけ採用してください。最小侵襲手術にも留意し、患者様の肉体、経済・社会、精神的負担の軽減を図ってください。また当院でのクリニカルパスに従い、治療を進めてください。リハビリテーション(病棟看護リハ含め)の充実を図っていますので、リハ指示やリハカンファ、回診、リハ担当への直接連絡等を通じ意思の疎通、目標設定、問題点の検討を進めて下さい。

 


  1.     
          

      

          整形外科の手術症例はこちらから参照できます。


      

           


                


                 ▲このページの先頭へ   前のページへ戻る
  •  

ライン

Copyright (C)   2005 Saiseikai Ohmuta-Hospital. All Rights Reserved .