当院では関節リウマチの診療にも力を入れております。リウマチへの治療は今までそしてこれからの十年間で急速な進歩をとげようとしています。治らなかった病気から治せる病気へ変わろうとしており、最新の治療に精通した専門医にかかる事が重要になって来ています。当院では日本リウマチ学会専門医(多数の臨床経験を有し、学会の試験に合格して取得)で、さらに日本リウマチ財団登録医でもある整形外科上田部長が主にリウマチ患者様の診療にあたっています。
関節リウマチへの新しい治療法である「抗TNFα抗体療法」(レミケード点滴)、「TNFレセプター製剤療法」(エンブレル皮下注、ヒュミラ皮下注)等も当院では開始しております。さらにはアクテムラ点滴やオレンシア点滴もしています。
※ 内科系では久留米大学膠原病内科より派遣されている、日本リウマチ学会専門医でもある弓削健太郎 医師もリウマチ関連の治療にあたっている。

 

   

    



  

    
         
  膠原病内科(リウマチ専門医)の弓削健太郎 医師の診察は内科のページを参照してください。


      ▲このページの先頭へ   前のページへ戻る

  •  

ライン

Copyright (C)   2005 Saiseikai Ohmuta-Hospital. All Rights Reserved .