リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、病気やケガなどが原因で日常生活に支障が生じた方を対象とし、再び家庭や社会で生活ができるように機能回復を目指すものです。 当院では、様々な診療科から依頼を受け、主治医の指示の下、理学療法、作業療法、言語聴覚療法を実施しています。

スタッフ紹介

理学療法士 38名、作業療法士 7名、言語聴覚士2名  日本糖尿病療養指導士1名、3学会合同呼吸療法認定士4名、介護支援専門員2名、福祉住環境コーディネーター3名、認定・専門セラピストも在籍し、皆様へ適切な技術の提供が出来るよう、研鑽を重ね質の向上に取り組んでいます。

  • Photo
    リハビリテーション科 部長 白倉 祥晴

     平素より地域の皆様には御高配を頂き、誠にありがとうございます。
     新しいリハビリテーション科別館が完成してから1年あまりが経ち、ご病気やお怪我の方々に、より一層レベルの高いリハビリテーションをして頂ける環境が整いました。
     また、平成28年3月からは当院7階に回復期リハビリテーション病棟が開設となり、整形外科、脳神経外科の患者様を中心に、自宅復帰に向けて、さらに充実したリハビリテーションを実施して頂けるようになりました。医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーが一丸となって、皆様のためにさらに精進して参ります。
     今後ともよろしくお願い致します。
  • Photo
    リハビリテーション科 科長 松岡 健

     当院リハビリテーション科スタッフはチーム医療の一員として、皆様の日常生活で困難になった、もしくは不自由に感じるようになった事に対して、身体面・環境面・精神面を含めたサポートをさせていただいております。特に、皆様の訴えに耳を傾け、その根本的要因となっていることを見つけ出し、より良い状態に戻っていただけるよう、技術・サービスの提供を行っております。
     また、今後は予防医学、スポーツリハビリテーションへも力を入れ、地域へ貢献できるチームを目指しています。
     肩こり、腰痛、変形疾患のみならず、外傷後、慢性疼痛など様々な症状に応じて、専門スタッフが対応いたします。まずはご相談からでもどうぞ、お気軽にお尋ね下さい。

施設紹介

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

当院の取り組み

患者様の状態を正確に把握し、適切な技術提供を行うために他職種間でのカンファレンスを定期的に開催しています。また、個々人のスキルアップを目的に院内勉強会、外部講師による研修会を開催し、研鑽を重ねております。

    ■ カンファレンスの様子

  • Photo

     ■ 勉強会の様子

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo