認定看護師とは


 認定看護師とは、日本看護協会に認定された看護師のことで、「特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた」看護師のことです。
 認定看護師認定審査は、毎年1回に日本看護協会が実施し、その審査に合格し、登録申請をした方を認定看護師として認定されます。
 認定看護師の分野は多岐にわたりますが、当院では「糖尿病看護」、「皮膚・排泄ケア」、「感染管理」、「がん化学療法」の資格を持つ5名が活躍しております。


認定看護師紹介


▶糖尿病看護


▶ 糖尿病看護認定看護師のしごと
            日本糖尿病療養指導士、筑後糖尿病療養指導士
            糖尿病看護認定看護師  古賀 寛子

            


  2015年に糖尿病看護認定看護師の資格を取得しました。福岡県内には2016年時点では51名の糖尿病看護認定看護師が活躍しており、全国では3番目に多い県になりますが、大牟田・有明地区においては当院のみとなっております。 厚生労働省(2014年)の調査によると、糖尿病患者数は316万6,000人となり、2011年の270万人から更に増え、過去最高となっています。












 糖尿病は自覚症状に乏しく、合併症が進行し気づくことも少なくありません。また、慢性の疾患であり、患者様は生涯にわたり治療を継続していくこととなります。 当院では、糖尿病療養指導士も多数おり、外来や病棟で活躍しています。また、糖尿病内科の常勤医、非常勤医も在籍し安心できる環境が整っています。 糖尿病内科での入院はもちろん、他科に入院されている患者様にも、糖尿病回診にて治療方針や生活指導について話し合いを行っています。 食事療法や運動療法に関する指導、インスリン治療導入をスムーズに行うためのサポートや足のトラブルを予防するための足の観察・ケア方法の指導、爪切りなどのフットケアも行っています。患者様やご家族がその人らしく生き生きとした生活が送れるように、医師、看護師その他の医療職でチーム体制を整えるよう努めていきたいと考えています。糖尿病に関することは、患者様やご家族はもちろんですが、医療スタッフの方々もぜひ当院に気軽にご相談いただければと思います。




日本糖尿病教育・看護学会


  
























































▶ 皮膚・排泄ケア


▶ 患者と職員の生き生きした姿を支える存在として
           皮膚・排泄ケア認定看護師 松尾 永奈

            


  皮膚・排泄ケア認定看護師は、様々な状況における患者さんのスキンケアを中心に、褥瘡などの創傷管理やストーマ(人工肛門・膀胱)、失禁などの排泄管理を行う看護師です。活動として、褥瘡対策チームと協力し、院内の褥瘡管理を行っています。また、オストメイトへ入院中から在宅まで継続的な看護が提供できるよう、ストーマ外来を開設しています。スタッフや患者さんからの相談に対応する際は、その時その場で患者さんやご家族が必要とするケアを一緒に考え、根拠を持ったケアを提供することを大切にしながら活動しています。



日本褥瘡学会、日本創傷・オストミー・失禁管理学会、日本ストマ・排泄リハビリテーション学会、九州ストマリハビリテーション研究会、大牟田地区創傷管理研究会など


     








































▶感染管理


▶ 患者さんに安心して入院できる環境を、
         職員が自信を持って働ける職場を

              感染管理認定看護師 中村友美


            


  患者さん、ご家族、院内の全ての職員を、感染症から守るために、多職種で構成されたチーム(ICT)のメンバーとともに、感染症の監視と早急な対応、日常的な感染対策の実践指導といった、組織横断的な活動を行っています。感染対策は目に見えない微生物を相手にしているので、評価が難しい分野ではありますが、これからも患者さんに安心して療養していただける環境をつくり、職員が自信を持って働ける職場であるために、同じ志を持ったスタッフと様々な活動を展開していきます。












日本環境感染学会、日本感染管理ネットワーク


     





































              感染管理認定看護師 西島真妃

            


  医療の場における感染管理は、患者さんと医療スタッフの双方を感染から守ることが大切であると考えます。目に見えない細菌やウイルスを相手とするため、根拠に基づいた最善の方法を用いて、他職種と連携しながら当院の感染対策の質の向上を目指します。感染管理認定看護師として、医療関連感染の予防と管理に努め、患者さんの療養環境と、医療スタッフの就業環境を整えていきたいと思います。












日本環境感染学会


























▶ がん化学療法


▶ 患者が安心できる治療サポートを目指して
         がん化学療法看護認定看護師 橋本 千浪


            


  がん化学療法看護認定看護師の習得を目指したきっかけは、自分の知識不足を感じ患者さんが安心して治療できるように勉強したいと思ったからです。  現在外来化学療法室で勤務し、治療中の患者さんの投与管理や副作用のセルフケアを提案するなどの活動を行っています。今後は多職種と協力し、スタッフ一丸となって患者さんの治療をサポートできるような体制づくりをしていきたいと思っています。












日本がん看護学会
























▲このページの先頭へ   前のページへ戻る