看護部長コメント

 済生会大牟田病院看護部ホームページにアクセスいただいて、ありがとうございます。
 済生会大牟田病院は大牟田市の北部に位置し、病院から東は三池山、西は有明海を眺めることができ、また天気のいい日には遠く海を隔て長崎県の雲仙、多良岳まで眺めることが出来ると言う、素晴らしい立地条件にあります。
 当院は急性期の病院で、後方支援として訪問看護ステーション・老人保健施設を併設し、地域の皆様の保健・医療・福祉を支える地域密着型の病院です。

   
   看護部長 今村信子

 地域医療を基盤とし、『地域から・患者から選ばれる病院』となるよう努めています。
看護部では、『看護師としての誇りと責任を持ち、思いやりの心を忘れずに患者・家族・地域の人々に信頼される安心・安全の看護を目指します。』の理念のもと、専門職としての資質を高め、患者中心の看護を実践できるよう努力をしています。
 看護師自身も患者との関わりを通して沢山の事を学び、看護師自身もやりがいを得られる看護が実践できるよう常に心がけていきたいと考えています。
笑顔を大切にし、活き活きと働くことのできる職場作りに取り組んで行きたいと思っています。
 皆様と出会い、そして仲間として働けることをお待ちしています。
 



















先輩職員コメント



●新人看護師 (入職1年目)  
                     外来・手術室勤務  帆足 英梨


 患者の抱える苦痛や不安を聞いた後に、笑顔で「ありがとう」と言われた時に、看護師になってよかったと思います。




 手術介助や外来業務をしている中で、知識や技術の未熟さを痛感したときには落ち込みました。「どうしてできないんだろう」「私では無理なのかな・・」と

 先輩やプリセプターに自分の思いを話しました。「自分も同じようなことがあったよ」と、思いを共有してもらったり、助言をいただいたことで乗越えられたと思います。今の先輩たちがいたからこそ、こうして続けてこれたと思います。


 


 患者や家族はもちろん、医師や看護師、他職種からも「あの人だったら大丈夫」「あの看護師さんだったら任せられる」と信頼される看護師を目指したいと思います。

 
 仕事では、手術の直接介助に付いた時、少しづつ学んだことが次に活かされた時はうれしいですね。オフでは、友達とおしゃべりしたり、外来は週末に連休が取れるので旅行することが楽しみです。
   


















































●新人教育担当 (入職7年目) 
                外来・手術室勤務  中島 美香 


 とにかく1年間は、業務に慣れることで精一杯でした。毎日忙しくても、患者と笑顔で話すことだけは心がけていました。




 新人とは思えないくらい頑張っているので、あんまり、無理せずに時には肩の力を抜いてもいいのかなぁと思います。


 もう少し自信を持って頑張って下さいね!!
 何事も挑戦です!!


 


 仕事を終えて病院を出る時には、頭の中を空っぽにして、仕事のことは考えないことにしています。休みの日は、友達と食事会をして話すことやショッピングです。服を見たり、買わなくても楽しいです。
  










































●新人看護師 (入職1年目)  
       外科・泌尿器・乳腺外科病棟 勤務  秋吉 莉美


 自分の実施したケアに対して、患者に「ありがとう」「あなたがいてくれてよかった」と言われた時や「笑顔に救われたよ」と言われた時には、看護師になってよかったと思いました。




 ターミナルの患者も多い病棟なので、臨終の場に立ち合うことの辛さや、癌の痛みやいろいろな苦痛に対して何もできずに無力を感じた時は辛いと思いました。今もそれはあります。

 話すことで悩みや辛かった思いが軽くなるので、同期の仲間とよくおしゃべりをします。同期や先輩に話すことでアドバイスをもらったりもしました。それと、母親が看護師なので仕事のことでの悩みは、母親にも相談してたり聞いてもらいます。


 



 患者の訴えや、ちょっとした変化のサインを見逃さない、観察力にたけた看護師になることです。そのためには、まだまだ、臨床の場での実践を活かしていけるように頑張ります。

 
 同期の友達とも仲良しで、休日に食事をしたり映画を見に行ったり、たわいもないおしゃべりをすることです。

   


















































●新人教育担当 (入職5年目) 
         外科・泌尿器・乳腺外科勤務  筬島 あゆみ 


 おっちょこちょいで、患者の処置をする時など忘れ物をよくしていました。揃えておかないといけない物品がひとつ足りなかったりと・・・ でも、新人として頑張っていたことは、誰にでも積極的にあいさつをすることと、患者と話す時間を多く持てるように努力をしていました。




 いつも元気で明るい性格を活かして、患者に元気をおすそ分けしてください。慌てず、落ち着いて自信をもって!!


 誰でも新人の時はわからないことだらけです。一歩一歩努力していけば、きっと先輩たちのようにてきぱきと仕事ができる看護師になれますよ。


 


 買い物ですね。結婚してからは、キッチングッズなどの小物を買うことが楽しみです。雑誌を見ながら買いたいものを決めたり、お店で見ているだけでも楽しいですね。

  













































●新人看護師 (入職1年目)  
       胃腸科・循環器内科病棟 勤務  高田 雪絵


 毎日毎日新しいことがあり、臨終に立ち会ったりするなど辛いこともありますが、命の尊さを以前より感じた時など、看護職としてのやりがいを感じ、看護師の道を選んでよかったと思います。




 患者が亡くなられた時でも、平常心を保って仕事を続けなければならない事が、辛かったです。


 先輩に相談して、いろいろなこれまでの経験を踏まえてアドバイスをもらったことで気持ちが軽くなりました。


 



 今の病棟では、ターミナルの患者が多いこともあり、緩和ケアに興味を持ち始めました。終末期に、患者やその家族に寄り添えるような看護師になりたいと思います。

 
 休日に友人と出かけて、おしゃれ関係のショッピングをしたり、食事をしながらおしゃべりしたりすることが、気分転換になって楽しいです。

 

















































●新人教育担当 (入職5年目) 
         胃腸科・循環器内科病棟 勤務  山田 里菜 


 緊張と不安がいっぱいの新人看護師で、先輩たちや同僚の新人に頼りっぱなしだったように思います。でもその日に分からないことがあったら、家に帰って、勉強するようにはしていました。




 患者への接し方や言葉遣いがとても丁寧なので、このまま明るい笑顔と元気な挨拶で、患者と接し続けてください。


 いつまでも初心と基本を忘れずに、自分の理想としている看護師像に近づける様にがんばってください!!


 


 お休みの日は、ぐっすりと寝て、十分に睡眠をとるようにしています。それと、おいしいものを食べに行ったり、買い物をしたりすることでリフレッシュしています。

  











































ナースの1日


緊張の毎日ですが、アットホームな職場環境の雰囲気と優しい先輩・医師・各部署のスタッフと連携を取りながら、日々楽しく仕事に取り組んでいます。





































レクレーション



4月

 ~ 新人歓迎お花見大会 ~
 
 

5月

 ~ 済生会九州ブロック親善ソフトボール大会 ~
 
 

 ~ おおむた大蛇山まつり 一万人の総踊り ~
 
 

12

  ~ クリスマスコンサート ~
 
 

  ~ 新春の集い ~
 
























































  1. ▲このページの先頭へ   前のページへ戻る