胃腸科は、消化管(食道・胃・小腸・大腸)、肝臓、胆道系、膵臓などの消化器全般の領域を守備範囲としています。消化器とは、口から食べたものを細かく砕き、消化し、さらに吸収して体の栄養として蓄え、役立てるまでに働く臓器がすべて含まれます。従って、毎食おいしく食べ、毎日元気に過ごすためには消化器すべてが健康に働くことが必要となります。消化器の病気を正確に診断するためには血液や尿の検査だけでは不十分で、画像を用いた検査が不可欠です。
そのため胃腸科は日常診療において検査の占める割合が非常に大きく、胃透視・大腸透視などの消化管造影検査や食道・胃・大腸の内視鏡検査、超音波検査・CT検査・MRI検査を始めとする各種の検査を毎日行っています。
また、治療上、外科とのコミュニケーションを必要とすることも多く、合同でカンファレンスを開くなど十分な協力体制を取ることにより、高い診療レベルでの診断・治療を行うように努めています。また、救急疾患に関しては24時間対応しています。

 

  

 

 



  

   

基本的に完全予約制にはなっていません。当日に絶飲食で来ていただければ、いつでも検査を受けることができます。
一年間の検査件数は胃透視:約3,000例、胃内視鏡:約4,000例です。

 

   

基本的に予約制です。大腸の検査に関しては前処置(透視の場合は前日からの検査食や下剤の投与など)が必要です。事前に一度外来を受診してください。
一年間の検査件数は大腸透視:約1,500例、大腸内視鏡:約900例です。

 

 

食道・胃・十二指腸・大腸の腫瘍(早期の癌など)、ポリープ、粘膜下腫瘍に対して適応があれば内視鏡的治療(EMR)を行なっています。
一年間に当院で、胃ポリープや胃癌の内視鏡切除を約100例、大腸ポリープや大腸癌の内視鏡的除を約300例行っています。
また、胃や大腸などの消化管出血に対する内視鏡下止血術、異物摘出術、拡張術(術後吻合部狭窄など)、ステント留置、内視鏡的胃瘻造設などの内視鏡治療も積極的に行っています。特に内視鏡下止血術、異物摘出術などの緊急内視鏡治療が必要な場合には365日24時間体制で行います。
当院の内視鏡システムの詳細はこちらをご参照ください

 

 

・ 

胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍に対しては、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療だけでなく管理栄養士による食事指導や医師・看護師・薬剤師栄養士などのスタッフによる胃腸病教室も行なっています。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病など)に関しては、食事指導はもちろんのこと最新情報に基づいた治療を積極的に行なっており、潰瘍性大腸炎では白血球除去療法(LCAP療法)、クローン病では新薬治療(抗TNFα抗体)の投与等も行なっています。

 

腸閉塞に対しては高気圧酸素治療を併用しており、デニステュープの早期抜去・早期治癒により入院期間の短縮になっています。

 

C型肝炎に対する最新のインターフェロン療法を積極的に行っています。

 

消化管出血に対する止血、異物摘出、拡張術(術後吻合部狭窄など)、ステント留置、内視鏡的胃瘻造設などの内視鏡治療行っています。

 

肝臓癌、胆嚢癌や膵臓癌などの消化器癌に対するTAEやリザーバー挿入などの血管造影下の治療(IVR)も久留米大学放射線科からの専門医の協力のもと積極的に行っています。

 

    
 

    

毎月第2月曜の15時から、病院3階の栄養相談室で外来に通院している方、入院中の方、ご家族の方、そして潰瘍に興味をお持ちの方すべての皆様を対象に胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍についての胃腸病教室を開催しています。消化性潰瘍について医師、看護師、薬剤師、管理栄養士がそれぞれの立場から詳しく、そしてわかりやすく解説いたします。お気軽に参加していただき、わからないことは何でもお尋ねください。どんな小さな疑問にもお答えいたします。どなたでも自由に、お誘い合わせの上ご参加ください。

 

    

年4回、当院3階の大会議室で大牟田を中心に筑後地区の開業医や勤務医、看護師、放射線技師などの胃腸病に興味を持つ医療スタッフの方々が集まって勉強会を開催しています。詳しくは胃腸科の稲吉(内線8012)までお問い合わせください。

 

 

             
             ▲このページの先頭へ   前のページへ戻る

  •  

ライン

Copyright (C)   2005 Saiseikai Ohmuta-Hospital. All Rights Reserved .